ミノキシジルとフィナステリドを組み合わせた育毛剤の使い方

必ず効果が感じられる薬用育毛剤

現在、多くの育毛剤が発売されていますが、効果があると認められ、病院でAGA治療薬として処方されている成分は、「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2つになります。そして、効果のあるミノキシジルを使用した育毛剤には、直接頭皮に塗る外用薬と、錠剤になっている内服薬とが存在しています。

、「ミノキシジル」と「フィナステリド」を併用する

 AGA治療として多くの医療機関では、ミノキシジルとフィナステリドが併用して処方されています。それぞれの役割が異なっているためです。簡単に説明しますと、フィナステリドでAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えながら、ミノキシジルで血流を良くし、育毛・発毛を促進させるという治療方法が、現在のAGA治療では主流となっています。

、「ミノキシジル」は医療機関が利用する育毛剤

 ミノキシジルには、外用薬と内服薬以外にも、注射にて投与するという方法もあります。ただし、内服薬のミノキシジルは、医療機関で処方してもらうほかに、個人輸入で入手することが可能であるのに対し、注射の投与は、医療機関でのみ受けることができる方法となります。有効成分の吸収率は、外用薬、内服薬、注射といった順に高くなります。

本当に効果が実証されている育毛剤は少ない

 育毛剤や育毛促進を謳った育毛商品は、前述しましたように、数多く販売されていますが、ここで気をつけていただきたいのは、それらのほとんどの商品が、頭皮環境を整えることを目的としているということです。つまり、発毛を期待できる成分自体の含有量は、少ないということです。
実際に、医療機関で取り入れられている成分は、ミノキシジルとフィナステリドであり、その効果の差は歴然であるのが現状です。
 一般的に「M字ハゲ」と呼ばれる、生え際が後退していくハゲ方の場合には、改善が難しいとされています。M字ハゲの場合には、従来の育毛商品では改善されることが少なかったのですが、M字ハゲにもミノキシジルとフィナステリドは効果を発揮します。