30歳前後から育毛に取り組んだケース

小さい頃から毛が弱い印象でした

小さい頃から私は「毛が柔らかい」ことを気にしていました。30歳をを過ぎるころまでは特に意識して毛髪ケアを行うこともなかったのですが、その頃から次第に抜け毛が気になるようになってきたことや更に毛のコシが無くなってきたと感じるようになったことを理由に「育毛」に取り組むことにしました。

家系では珍しく、遺伝の線は薄い

テレビや雑誌などで紹介されている多数の育毛剤・育毛グッズ・育毛サプリなどを片っ端から調べ、自分自身の印象とインターネット上での口コミなどが良かったものをいくつかピックアップして使い始めました。私の家系はハゲに悩む人はいないのですが、万が一の事態を避けるために私は出来る限りのケアをしていこうと思いました。

半年ほどで効果を実感

実際に育毛を始めてから半年ほど経った頃、私は自分の髪の毛が強くなっているような感じを覚えました。具体的にどうだったのかは分かりませんが、触った感じ毛にハリとコシが出てきたように感じるようになったことや抜け毛が減ったように感じることなど、実感できる(と思った)ことがいくつもあったため「確実に効果があった」と思い大変うれしくなりました。

早めの対処が実を結んだケース

今現在も育毛を実践し続けていますが、とりあえず今のところはハゲそうな感じが無いので少し安心しています。ただ、美容室などへ行ったときにはそれとなく髪の事を美容師さんに聞いてみるのですが、「心配しなくても大丈夫ではないか」といった意見をもらえるので良かったと思います。
今は病院でできる治療もあるため、頭髪に関わる問題に対する対処は以前よりも随分と進んだのではないかと感じていますが、それ自体に抵抗を感じる方は少なくないと思いますので、私のように(効果があるかはわかりませんが)早い段階からセルフケアを行うようにするといいのではないかと思っています。